Category Archives: back number

[2013.06.08] 未だによくわからないことがひとつある ー アメリカ式ハナシの進め方

一応アメリカ企業で働いて1年半になる。 同僚も日本人、ドイツ人、トルコ人などはいるが大半はアメリカ人だ。 で、どーにも未だによくわからないことがひとつある。 それは『ハナシの進め方』だ。 仕事の進め方、と言っても良いかもしれない。 まず、全体的な傾向としてE-mailで仕事を的確に進めることについて アメリカ人は『形式的なイマイチさ』を抱えている。 もしくは日本人などの『几帳面民族』は非常に優れたスキルを持っているのかもしれない。 良い例がインラインの使い方だ。 私はITリテラシの講師でもなんでもないただ... Read More >>

[2013.01.27] これからの社会へ【ソフト屋とハード屋、どっちが得だと思う?】

ちょっと仕事っぽい真面目な話でも。 (やべぇな、また長文になってしまった) よく議論というかグチの応酬のようなことになる。 表面的には 「やっぱソフト屋の方が得だよねぇ〜」 「いやいやハード屋でしょ、得してるのは」 そんなやりとりだが、裏は 「ハード屋は損してる。だって最近の中途採用の公募職種見てみろよ。ソフトばっかだぞ」 とか 「ソフト屋は損してる。だって次々出てくる新しい言語やアルゴリズムを延々習得し続けないといけないんだぜ」 とかいうようなグチが見え隠れする。 まぁどっちの言い分も一聴の価... Read More >>

[2012.12.31] 六十進数って聞き覚えがあるかな?

ちょっと面白いネタがあったので『進数』について取り上げてみる。 「2進数」とか「10進数」とか「16進数」とかいうやつだ。 まず簡単に 進数 が何なのか説明すると、 言葉で表現すると いくつで桁が上がるか を表現したものだ。 10進数は普段から一般に使用しているもので 0 → 1 → 2 → 3 → 4 → 5 → 6 → 7 → 8 → 9 → の次は桁が上がって10になる。 2進数なら 0 → 1 → の次が2にならずに桁が上がって10になる。 16進数の場合は 0 → 1 → 2 → 3 → ... Read More >>

[2012.12.27] アメリカは皆よそ者

アメリカで生活していると残念ながら疎外感を感じることはいくつかある まぁそれはしょうがないのだ。 おれよそ者だし。 しかも経験豊富な諸先輩の方々が語るにはカリフォルニアはひじょーに恵まれているという。 そもそも移民エリアなので古い付き合いがないし、入れ替わりも激しい。 人種も色々だし、むしろ白人の割合の方が少ないくらいだ。 それは良い らっきーらっきー。 しかし、 まぁあるもんはあるのだ。 たまにだけどね。 さて、 その中でもひときわエグいのが、 罰則が非常に厳しいこと 駐車禁止で70ドル、スピード違... Read More >>

[2011.10.05] 持ちネタ

ビジネスの上での持ちネタの話をしよう。 今日は世界的にも有名な人物が逝去された日ですからね。 以前ある人がこう言いました。 「ジョブスはやってることは昔から何も変わらない」 これはある意味での褒め言葉でもある。 ジョブス自身も「他人のことは気にせず自分の道を行け」ということを言っていたとか。 正解か不正解かは置いておいてその潔さは見習いたいもの。 さて「何も変わらない」っていうのをもう少しキチンと言うと 持ちネタとしての彼が信じ切ってるビジネスモデルがあるということだ。 それで負けても仕方なし、と思ってい... Read More >>